愛はみんなの中にあるもの



あなたにも、そして私にも



愛は互いのプレゼント



織日女が、今日も愛を見つけます^0^/




このブログはNMCAA本部公式ポータルです。


「イライラかワクワクか」

イライラしている時、

それはセンターから外れている時。

ワクワクしている時、

それはど真ん中にいる時。

 

 

通常私たちはそのどちらかを

繰り返しています。

一番多いのは、ニュートラル状態。

(もしくはボーっとしているだけ)

 

 

どちらを選択しましょうか?

たまに、イライラ

たまに、ワクワク

はないのですね^^

24時間、イライラがワクワクか!?

 

 

 

勿論、ワクワク24Hがベストですよね^^

ではワクワクを感じる様にイメージしてみませんか?

 

 

お〜っとその前に、

まずはイライラを感じるイメージが先かな?

 

 

如何ですか?

自分の体の中にどんな変化が感られましたか?

 

 

はい、では次が「ワクワク」を感じる事ですね^^

如何ですか?

どんな変化がありましたか?

 

 

 

私は、イライラしたときは

もう何にでも腹が立ち

自分が自分を制す事も不可能に近い感覚で、

ワクワクの時は、まず前のイライラが

徐々に落ち着いてきて

段々、静かな平和な感じが出てきて

何をやろうかな、と意欲的な気持ちとなりました。

 

 

私たちは通常意識はしていませんが

多くはこの繰り返しです。

その理由は「自分に意識が向いているから」

 

 

 

でもこれからは、どちらかの選択が必要です。

何故なら、これから私たちが向かう先は

「一つ」の世界だから^0^///

 

 

 

ワンネスともいわれています。

大いなるものへの統合、とも言われています。

アセンションともいわれています。

 

 

 

言葉は違っていても

本当は私たちはどうしたいの???

そこに気付くだけなのだと思います。

 

 

そして気付いたら、そのままでは

勿論な〜んにも変わりません(-_-;)

そうなる様に、実行していくだけ^^

 

 

イライラか、ワクワクか!?

どちらを選択しますか?

 

 

∞あい 織日女

 

 


「純粋に勝るものなし」

赤ちゃんを観た時

人は無意識に笑顔になります^^

何故なのでしょう?

私にも分かりません('◇')ゞ

ただ分かる事、

にっこりとしたいだけ!

思わず笑みがこぼれるだけ!

(考えていませんよね^^)

 

 

それが赤ちゃんから感じる

素直すぎる、純粋なエネルギー!

だからなのではないでしょうか。

 

 

本当に「強さ」とは

この赤ちゃんの様な

 

「純粋」=「透明」

 

なのではないか、そう思います。

 

 

そして実はそれは

別のの角度から観ると

怖れを感じるものでもある、

そう思っています。

 

 

純粋な子供の様なものを

人は人から感じると

潜在的(本能的)に、

怖れを抱くものらしいですね。

 

 

何故ならそれは「強い」と

知っているから!!!

自分の居心地の良いものを

壊されるかもしれない、

その防衛的なものでもあるかも。

 

 

でもね、よ〜く考えてみてください^^

この先人それぞれ何年生きるか分からないけれど

この体を持って学べる短い一生の中で

本当にやりたい事をやる事と

怖れを持ちながら(潜在的にでも)

何となくつつがなく生きるのと

どちらがよいでしょうか?

 

 

 

本当にその「選択」をするのは

あなたです!!!

自分自身しかないのです。

 

 

あなたはどうしたいですか?

 

 

 

∞あい 織日女

 

 


「核心」

核心とは感じるもの

ウルウルブヘブヘの感じ

 

 

それは

とても透明であり

とても強いものであり

とても優しいもの

 

 

何かを成し遂げたい時は

しっかりと大地に足が着いている状態で叶う

それが「核心」ではまった時

ワクワクを通り越した

ウルウルブヘブヘの全開MAXとなる

 

 

 

核心とは感じるもの

そしてそれが周りに拡がる!

 

 

 

∞あい 織日女

 

 


「100分の2秒差の違い」

メダルラッシュの水泳でスタートした

アジア大会真っ最中ですが、今は

もう一つの目玉の陸上が行われています。

 

 

いつもはアジア大会は観る事もないのですが

今回は、結構フォーカスしていた感じです^^

 

 

面白いというか、アスリートの皆様の

コメントが一つひとつ、心に染み入るのです。

「気持ちが体を動かした」

(本当にその通りですね)

「やりつくしたから後悔はない」

(と、悔し涙と共に)

「金の予定だったからただただ悔しい」

(と、既に次に向かってスタート)

「アジアで勝てなくてはオリンピックで戦えない」

(45億のアジアの頂点は自信も実力もつく)

(上にはまだ上がある)

等などありました。

 

 

また水泳の池江選手(18歳)の様に

期待されて期待通り、

いえ、それ以上の結果を出すという事は

どれだけの重圧があったかと想像されます。

最後の競技後の涙が象徴ですね^^)

 

 

みな日々の練習に次ぐ練習、

継続してギネスし続けている結果が

こうして現れるのだと思いました。

彼らは歓び、感動だけでなく、

元気・勇気も与えてくれます

 

 

同じことは出来ないけれど

自分がやりたい事の為に

やる事は同じだと思います。

 

 

特に、金を取った後の

国旗が上がる時の選手たちは

「君が代」を口ずさんおり、

その姿を観て、国を代表するという

栄光と責任が伝わってくる感じです^^

 

 

はてさて、今日のタイトルですが

100分の2秒差でも金と銀の違いなのです。

国によっては、その報奨金なども

雲泥の差だと聴きます。

 

 

同じ様に私たちは

その中心の中心の

「本当に大事な核心」が

1个任發困譴燭蕁

それは中心とは言えない('◇')ゞ

金と銀の差なのではないか、

そう感じています。

 

 

アバウトから始まっていいのですが

段々とギネスする中ではきっと

この100分の2秒差と同じ位の違いが

自分自身で感じられてくるのだと思いました。

 

 

ど真ん中だけが勝負!

ど中心だけが勝負!

ピントはガチでなくては合いません^^

常にガチピンこそが

ワクワク楽しいピンポイントなんだと

更に昨夜の勝負を観ていて

感じた次第です^^

 

 

∞あい 織日女

 


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
           

categories

recent comment

  • 「目の前の人の気持ちになる」
    もうちょっと
  • 「エネルギーって・・・」
    怖い‥
  • 「インプットとアウトプット」
    この意味が
  • 「目的を常に明確に」
    真己
  • 「今世界に何が必要か?」
    真己
  • 「知っててやらない事は罪である」
    織日女
  • 「知っててやらない事は罪である」
    真己
  • 「初節句に寄せて」
    織日女
  • 「初節句に寄せて」
    織日女
  • 「初節句に寄せて」
    真己
NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
          

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

           

profile