愛はみんなの中にあるもの



あなたにも、そして私にも



愛は互いのプレゼント



織日女が、今日も愛を見つけます^0^/




このブログはNMCAA本部公式ポータルです。


「思考が痛みをが作る」

先日の事、今私にとって一番と思う先生の

オステオパシー(整体のジャンル)に

行ってきました。

 

 

その時、現在抱えている体の一部の

痛みの治療でしたが、左右の違いがあって

以前は左の痛みの時(今は右)、

もうこれまでで初めて感じた痛みを感じて

顔はしかめっ面💦 更にもうやめてくれ〜!!!

と思わず言ってしまう寸前でした(苦笑)

 

 

そしてその痛みは3日目には

綺麗に消えていました。

数週間痛みで

夜も寝られない状態だったのか、です。

 

 

その時の痛みを今回の右の治療時

思い出したのか、顔が歪んでいました💦

その瞬間、先生から言われた事が

 

「顔を普通にすると痛みは消えますよ」

 

直ぐに顔の歪みをやめました。

何故なら決して我慢できない痛みでは

なかったし、では何故歪んだのか?

それが以前の「記憶」だけだったのです。

 

 

すると本当に「痛み」は消えていきました。

全体としては「ニュートラル」状態となり、

その瞬間、

「思考(&感情)」を全て外す事!

そう感じたのです。

 

 

思考「(&感情)」は痛みを誘発し、

ニュートラル状態はリラックスして

かつ細胞の隅々まで施術がいきわたる感覚、

それを実感した次第です。

 

 

 

∞あい 織日女

 


「それは何を教えてくれている?」

日々毎日生活をしていると

色んな「悩み」と言われているものを

人々は持っているかもしれない、

そう思います。

 

 

例えば10点あったとしても

大枠では(種類、内容)に分けたら

2〜3点に集約されていきます。

 

 

別に悩みを持つ事が悪いとか

いけないと言っているのではありません。

成長の一環として時には

とても必要なものでもあります。

言葉を変えると「テーマ、課題」

となるでしょうか。

 

 

大体は悩みというものは

日々「前向き」に暮らしている人は少ないし

不平不満が多い人は多い傾向はあります(-_-;)

 

 

 

ただ共通していえる事として

何か「悩む」出来事があった時

 

「この事は、自分に何を

教えてくれているのだろう?」

 

まずはそこにフォーカスしてみると

良いかもしれません。

 

 

もしかして、何かの病と言われたときも

その病が見つかったから

これからの健康になるかもしれないし

例えば「死」を免れない場合としても

その後の生き方が変わって

真の幸せを過ごす事が出来るかもしれないし。

(樹木希林さんは多分そうですね)

 

 

一度立ち止まってみましょう!

そしてその事が、自分自身に(または周りに)

何を教えてくれようとしているのか?

それを考えてみるとよいと思います。

 

 

不安になるだけでは何も変わりませんし

悪化する事が多いですね。

(これも引き寄せの法則です)

私自身の経験もありますので

またいつの日か、書けたら書きますね^^

 

 

 

∞あい 織日女

 

 


「やり方と在り方」

昨日新しくMIXIでマイミクさんになった方が
つぶやいていました。それは「やり方と在り方」について。
彼は「先輩にこう言われたのだが、深すぎて・・・
誰か教えて」^0^というものでした。



先輩の言葉
「やり方じゃなくて在り方が大事やねん」



この先輩も素晴らしいですね^0^/
そしてこの言葉が残ったマイミクさんも^^



「やり方」とはいわゆる方法論であり、
行動レベルですが、「在り方」とは
私たちの、信念・価値観レベルや自己認識
(アイデンティティ)レベルとなります。



因みに、環境レベル、行動レベル、能力レベル、
信念・価値観レベル、そして自己認識レベルとなります。
(私たちの顕在意識の中を分けた「ニューロロジカルレベル」)



やり方は、行動レベルですし、在り方は
信念・価値観及び自己認識レベル、といった意味が
ご理解できると思いますが、如何でしょうか?



分かり易く言うと、
「在り方」があってこその「やり方」となる^^
どんな風に自分は「在りたい」のか?
どの様に生きていきたいのか?
それらは全て、それまでの家庭環境や学校
(友人・先生、親など)の考え方なども影響しています。




自己認識や信念レベルが変わると行動レベルも変わってきます。
しかし環境、行動レベルが変わっても自己認識レベルは変わりません。
引っ越しなどで環境が変わっても、それはいっときの事なのです。



100人が同じ事を支持しても、
自分は何か違う、と感じたらそれを貫けばよいのですが、
実際は「長いものには巻かれろ」「みんなで渡れば怖くない」
「出る杭は打たれる」などの諺・格言などで
「自分」というものを信じてこられなかった人たちが
多いので「在り方」そのものを忘れてしまった、
そんな気もしています。



儒教の八徳「仁義礼智信忠孝悌」というものがあります。
なじみあるところでも、映画の「仁義なき戦い」や
「礼儀(作法)」などの言葉もあるではないですか^^



「在り方」とは、この「礼儀」がベースにあってこそ
のものだと私は思っています。
いわゆる「人格」という言葉に繋がる、かな?



以前「織日女日記」でもこの儒教の八徳について
書いた事がありますが、すぐに調べられますので
再度きちんと落とし込みたい方は調べてみると良いですね^^



自分はどう生きていきたいか?
何をする為に生まれて来たのか?
人それぞれの「役割」があるのです。
そしてそれは一人ひとり、違うのです。
同じだったら、
人はこんなに沢山いる意味がないですよね^^



人は「進化・成長」するために今ここにいます。
それを見つける事が大事な事ですね^^
それには、「責任意識」を持って生きる事!
被害者意識でいると、自由がないのです。
(誰だれのせい、ばかりですね)



真に「責任意識」を持って生き始めたら
段々「自由」というものが分かってきます。
そしてこれまでどれだけ「不自由」な生き方を
していたか、に気付きます。
どれだけ「制限」を自分で創っていたのか、
が観えてきます。



「在り方」からはまだまだたくさんありますね^^
ここまででも、何か参考になれば幸いです。



∞真摯に生きる 織日女



 

「カタルタで本音」

 皆様は「カタルタ」というカードを
ご存じでしょうか?
カードの指示で無意識下に眠っている、
素のままの心を
表面化する、というのが狙いの
カードらしいです^^


これは、「語る」「カルタ」
「カタルシス(触媒)」の
意味を込めた命名らしいのです。


例えば「今年の抱負」などを考え、
その後カードを引いていく。
すると「もし」「だから」「おまけに」
などが出て、その言葉に続ける^^


他にも「せめて」「そういうわけで」
「だからといって」「つまり」
などもあるとか。


発想の転換や、苦し紛れの発言に
笑いが起きてくる^0^
制作者は「生みの苦しみ」が思考過程を
ゲームにしたら、楽しみに変わるかもしれない、
と閃いた、といいいます。
この閃きこそ、素晴らしいですね!


なかなか面白そうだと思いました^^
が、「残念ながら」というカードもあるとの事、
残念ですね^0^/


良いと思うのは、自分の発想が
本来は違う視点からを持つ人によって
気付きが得られるのですが、


このカードは、自分ひとりでも出来る、
これは柔軟性の拡大には
楽しみながら、出来そうですね^^


しかし本来、ポジティブ100の私たちは
例えば「残念ながら」を引いたとしても、
そこからポジに変えていく、
そんな発想を持って接する事も出来るので
倍の楽しみとなりそうですね!!!


もっと本音を言うと、カタルタなどなくても
常に本音で語っている私たちですので
必要ないものと思いますが、
これらから笑い、ジョーク、発想の転換、
柔軟性、視点を変える、など様々な要素を
クリアして真の本音に気付く人たちが
増えると良いと思っています。
*カタルタ(ネット販売)¥2625


∞愛&意志と共に
織日女



「見たい様に見て、聞きたい様に聞く」

 人は見たい様に見て、聞きたい様に聞く」と
以前NLPで学んでいた頃、言われた事がありましたが、
まさに、私自身が周りに対して、そう感じる事が多いですね^^


因みに皆様ご存知の事と思いますが、
真に人の話を聞く事は「聴く」「観る」になります。
五感総動員+目に見えないエネルギー
だからですね、きっと^0^


同じ事を同じ時に伝えても
人それぞれ違う様に受け取る事があります。
あるいは全く記憶に残っていない(笑)
その要因は幾つか在ると思いますが、


まず「人それぞれのその時のレベルがある」
という事だし、
ニュートラルでいる事の重要性
事、だと思っています。


過日も書きましたが、
ニュートラルとは「無」=「∞無限」


この「無限」という事を感じる時
とても今の感覚では創造もつかない、
という事が私にとっては的確かもしれません。


そう考えたら、「無限」=ニュートラル
なので、では「ニュートラル」とは
巷で簡単に言われているような
「公平、中立」などの更に奥深い事なので
早々簡単に言えない感じも致しますね^^


私たちは、見たい様に見て、聞きたい様に聞く事から
この「無限の可能性を持っている事」まで
いかに多くのレベルがあるのか、
を知る事からスタートかもしれませんね。


それが出来るのは、ただ一つではないでしょうか。
それが「ポータル」なのだと思っています。


このポータルに成る事が出来る為には、
ただ純粋に神聖に成る事。
そこには一点の曇りもない状態!


色としては、「白」「真っ白」なのだと思います。
自分で何とかしようと思う事からの脱却(笑)!
(それはEGOですね)
常に「ポータル」でいる事が
私達が真の私たちと言える「分御魂」(ご神体)
と繋がる事になるのですね^0^/


見たい様に見て、聞きたい様に聞く時代は
終わったのかもしれませんね^0^///


∞愛と光と∞ 織日女







「深く潜行・・・」

 何事も、だと思いますが
一つの事を突き詰めて考えると
何だかワクワクから
離れていく気がしませんか?


そんな時思うのです。
アッ頭で考えている時なのかな?
って!


今日も「ハート」を書きますが
常にハートを中心にしていると
行動がじっくりかつしっかり
スムースに行くのです^^


しかしある題材を探求する時
気がつけば、頭で考えている!
これはショックでしたね〜(笑)!


常に、とは24時間^^
いつも、という事^^


どんな探求も、常に「ハート」で!
考えていても決して
真実は分からない、という事が
分かったような気がしています。


大事な事は、感じる事^0^/
その為には、学ぶ事も大事なので、
ハートで学びましょう*^0^*


今から!ここから!!私から!!!


∞Love&LIght
織日女


「ワクワクの先には、歓びが待っている」

「 創造の法則」というものが、ありますが、
中今NMCAAではこの法則についての
探求が行われています^^


これは、以前も書きましたが
NLP(神経言語プログラミング)の中でも
多くのスキルがあり、それらは皆
とても効果的に現実化されています。


NLPを伝えているときに、
受講生を観て、一番感じていた事が、多くの人が
「頑固なまでに(^^)制限となる信念を持っている」
という事でした。


そして、いらないと思った(気付いた)時、それは既に
ニュートラル化され、ゼロになっていくのです。


ただ、私たちがこの地球上での集合意識として
持たされた多くの「信念」が中々お邪魔虫でも
あるのを感じていました。


NLPにおいても、それらのフレームを変えるワーク、
つまりリフレームすることが出来るワークは
多くあるのですが、私はこのNMCAAに参加し
もっとシンプルなのだ、と気付きました。


それは、「愛」100%だけなのです。
本来の私達の「始まり」を知る事が出来たら、
それをこの地上セルフでも納得する事が出来たら、
簡単な事なのです。


私たちは愛と光の存在だという事を!!!
規模は小さくても、そのかけらなのだという事を!
「宇宙の始まり」を知る事でしょうか。


中今、私は毎日「ワクワク」しています。
すると、不思議な事に、望んでいたことが、
ドンドン現実化されているのです。


わかり易く言うと、総てが望むままになるのです。
そこにあるのは「愛」だけでした。
光の存在=愛そのもの
が私たちであるなら、それを認める事で
そう成る事で、全ては「統合」されていきます。
地球や宇宙と一体化していきます。


目覚めるとはこういう事だったのか、
とNLPを学び始めた時に知った
「アウェーク」という事の実態が今ようやく
理解出来て、実践できているのだと感じています。


ワクワクは5D以上の波動です。
それを続けていたら、今この3Dnの現状が
歓びの連続になっていっているのです。
不思議というか、奇跡というか・・(^^)


皆様も一緒に「歓び」の現実を創りましょう!!!

∞Love&Light織日女


「お茶を濁す」

 このタイトルが決まり意味を調べてみた。
「いい加減にその場をごまかしたり、一時しのぎに
取り繕う事」を言うらしいのですが、
実は、中今私自身、「叡智」に懲り、
いわゆる「愛と英知と意思」の叡智なのですが、
それぞれの叡智を
知れば知るほど、なんにも書けなくなっている事に
気付いたのです。


そこで思いついたのがこの言葉でしたが、
調べてみて納得^^
「かつて、お茶は大変貴重なものとして、珍重されていた。
一般に普及されたのが、室町時代以降で、それまでは
貴族や僧侶だけの飲み物だった。


そこで、お茶を出せば、その場を丸め込めた事がら
急場を凌ぐ事を「お茶を濁す」という様になった。
別説では、作法の厳しい茶道で、心得のない人が
いい加減な方法でお茶をたて、その場を
取り繕った事からきている」ともなりました。


ごまかしがきかない、という意義なのですね^^

というわけで、私も本日の書きたい内容が
あまりに深く、今まだ消化しきれていない為、
何をどの様に書いたらよいのか?
が分からないので、こんな内容になりました。


お茶を濁した・・???(笑)


∞Love織日女


「メッセージ」

「 メッセージ」という言葉が私は好きです^^
それがどこからでも、誰からでも
自分にとってだけでなく、それはあらゆるものにとって
とても重要なものだと観じるからです。
そして嬉しいものですよね^0^/


何かを投げかけると、必ず何倍にもなって
それが還ってきます。(宇宙の法則)
メッセージもその一つです。

質問があるから答えがある。
答えがあるから、質問も出る。
逆もまた真なり!ですね^^


人から頂くメッセージは口頭でメールで紙面で、等が
ありますが、それ以外のメッセージは
私たちの頭上からハートを通して降りてきます。


だから一瞬なのですが、
それを見逃さない事が大事^−^/
「すぐに」何かに書き留めておかないと
私は「すぐに」忘れてしまうのです。


通常「直観」と呼ばれるものですが、
これらも私達が常に純粋・ピュアでいる状態が
必要だと感じます。


そしてそんな時に来るメッセージは
とても嬉しく、重要だと思っています。
有難う!メッセージさん^0^///


∞愛と光 織日女


「アウトプットとインプット」

私たちは日々、多くの情報が入ってきますね。
大体7つの情報のうち、
インプットされるのは2つ程度と
言われています。


意外と処理能力は低いものだと
これを聞いた時には感じたものです。
実際に、同時に2つの事を出来な人もいます。
例えばガムを噛みながら歩けない、とか。
これは笑い話ではなく、本当の話です^^


だから、結局は私たちは無意識のうちに
バランスを取っている事にもなるのですが、
何かを学ぶ時って、ただ「学んでばかり」は
インプットばかりになり、
あまり好ましいとはいえないかもしれません。
(所謂、頭でっかち^^)


実際にアウトプットをしながら「学ぶ」事^−^
それがバランスを取りながら
究極、身について行くことなのだと思います。


学んだ事を実際に行動に移していく事!
これですね^0^///


∞愛と光 織日女


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
           

categories

recent comment

  • 「目の前の人の気持ちになる」
    もうちょっと
  • 「エネルギーって・・・」
    怖い‥
  • 「インプットとアウトプット」
    この意味が
  • 「目的を常に明確に」
    真己
  • 「今世界に何が必要か?」
    真己
  • 「知っててやらない事は罪である」
    織日女
  • 「知っててやらない事は罪である」
    真己
  • 「初節句に寄せて」
    織日女
  • 「初節句に寄せて」
    織日女
  • 「初節句に寄せて」
    真己
NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
          

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

           

profile