愛はみんなの中にあるもの



あなたにも、そして私にも



愛は互いのプレゼント



織日女が、今日も愛を見つけます^0^/




このブログはNMCAA本部公式ポータルです。


「季節の変わり目、新時代への変わり目」

季節の変わり目(まさに今)は
分かりやすく言えば、体調を崩す人も多いですね。
きっとそれは、これまでの体の働きが
新たな季節に向かう為の
鋭意努力中なのではないでしょうか^^



現在朝ドラでは「朝が来た」を放映中。
丁度、400年続いた、
良いも悪いも慣れ親しんだ幕府が倒れ
貨幣制度は変わり、「一つの日本」の確立へと
進む中での混乱中でもあります。
同じように、第2次世界大戦後もそうでした。
敗戦後、再び「一つの日本」の確立のために。
一があれば必ず終わりがあります。
そして終わりとは新たな始まりなのです。



私たち日本人は、これまで大きく
明治維新と第2次世界大戦後を
ここまで当初は大混乱の中、それが
時代とともに受け入れられていくまで
受け入れていくまで、
各自が頑張った結果が今ではないでしょうか。




そして今!
私たち人類は、
宇宙規模の「アセンション」という統合に向けて
いろんな転機をこれから経験する可能性があります。
その一つが昨日書いた「フリーエネルギー」でもあります。
エネルギーが変わると全てが変わる!
何故なら全てはエネルギーだから!




しばらくの間は慣れるまで
(多少の?)混乱はあるかもしれません。
しかし、必ず夜明けが来るように、
これまで明治維新、第2次世界大戦後の後の様に、
私たちには「底力」があること、
そしてそれは決して一人ではなせない事、
みんなで、みんなの為に、各自が動くこと。
そこに尽きるのではないか、と思います。



自分だけの世界から、目を開いていく!
それが「覚醒」でもあります。
視点を少し変えるだけで
その先を「個人から全体に向ける」だけで
何かが必ず変わっていきます。



全体を観たら、その中で自分が出来る事は何か、
つまり「役割」が観えてきます。




季節の変わり目、時代の変わり目、
なんだか初めての場所に行くときと同じ様な
ワクワクした気持ちになりませんか!?
初めての運動会、初めての遠足、
初めての試験、初めての・・・・
どれも好き嫌いは別として
前日の夜は多くの人たちはワクワクして
あまり寝られなかった経験が
あるのではないでしょうか。



少しでもご興味がある方は是非
11月3日(祝・火)の「関西アセンションイベント」に!
11月14日(土)の「関東アセンションイベント」に!

*14日の関東のアセンションの祭典には
織日女も午前中ブースを出していますので
皆さまとお会いできるチャンスなのです^−^




皆さま^^共にこの一大イベントである
今回のアセンションをみんなの力で
成功させていきませんか!!??
新しい宇宙はもう始まっています!


*関西アセンションの祭典

http://ascension-project.jp/event/151103/index.html


*関東アセンションの祭典
http://ascension-kantou.net/event/151114/index.html






∞いっしょの愛 織日女




 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
           

categories

recent comment

  • 「必死即生(ピルサチュクセン)」
    織日女
  • 「必死即生(ピルサチュクセン)」
  • 「根源へのアセンション2〜お茶会〜」
    織日女
  • 「根源へのアセンション2〜お茶会〜」
    山崎、埼玉県
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    織日女
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    織日女
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    あまと
  • 「うどんキャラメル」
    織日女
  • 「うどんキャラメル」
    天戸
  • 「自然児に成ろう!」
    織日女
NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
          

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

           

profile