愛はみんなの中にあるもの



あなたにも、そして私にも



愛は互いのプレゼント



織日女が、今日も愛を見つけます^0^/




このブログはNMCAA本部公式ポータルです。


「ズボラ熱とは!?」

今流行の、エボラならぬ「ズボラ」
この「ズボラ」とは何か!?
私たちは普通はズボラとは「怠けもの」みたいな
ニュアンスで捉えている人が多いと思います。
私もそう思っていました。




しかしある仙人は
こうおっしゃいました。

「ズボラとは、
無関心、無感動、無気力」



まさに!!!
確か昭和30年から40年代も
この言葉がはやった事を思い出します。
当時は「サンム(三無)主義」と言っていた様な。




「頭をなくしても人は死なないが
心を無くしたら人は死ぬ」

「馬鹿じゃ出来ず、利口じゃ出来ず、
中途半端じゃ なお出来ず」



などと仙人はもおっしゃっていました。

そう言われると、最近字を書いていて思うのですが、
意思、愛、などの漢字には
全て「心」が入っているのだな〜と。
因みに我が家の犬の名前は
「心愛(ここあ)」と「希愛(のあ)」です^^
*そんなのかんけーない!!!



毎日「感動」を見つけていきましょう^0^///


∞愛 織日女









 

「釈迦の言葉」

「釈迦の言葉」
ーちょうどいいー

全てがあなたにちょうどいい
父母も子も、
夫も妻も兄弟も。
上司も部下も友人も。
全てがあなたにちょうどいい。




はい、すべては皆自分が選んでいること、
自分が決めてきたこと、
親も上司も実は選んで生まれてきている



今世の学びの為に
今目の前に起きていることは
全て乗り越えられることばかり!
感謝の念と共に^0^///




∞愛 織日女



 

「弘法大師の座右の銘」

「弘法大師の座右の銘」

おのれの長を
説く事なかれ
(自分の長所を自慢するな)

他人の短をいう事なかれ
(他人の短書を指摘するな)





シンプルかつ納得!!!
常にニュートラルで
自分を主観&客観視することを
同時に行う事で
上記に関する自分も観えてくる。




自分が何を言っているのか?
自分がどんなエネルギーを
出しているのか?
客観視することで、自分が観えてくる。



良いと思った事は
すぐその場で実践を開始〜^0^///




因みに、これはもう10年以上実践中だが
それでもと〜きどき、何と家族の前で
思わず出てくることがある。
時と場合、言い方に注意が必要^^
大事な事は常に「相手の為」だけに言う事。
そこに自分の感情が入ってはいけない。
TPOはまず家族から練習
^0^//




∞愛 織日女



 

「孫子の兵法」

「孫子の兵法」

百戦百勝は、
最善なるものにあらず。
何故百回も戦うのか、と孫子。
賢い武将は
「一度も戦わない」




始めてこの言葉に巡り合った時、
本当に目から鱗だった事を想いだします。
本来、本体の私たちの持つエネルギーには
「戦い」(ネガ、マイナス)のエネルギーは
ありません。そこに行き当たりました。




もちろん、この孫子の書かれている内容は
その前の時点であり、戦わずして勝つことが
最も賢い武将である。知恵を出せ!
と言っているのだと思いますが、
それもこれも、元々私は問いたい^^
「何故戦うのか!?」と。




戦いからは何も生まれない。
互いに相手の為だけを考えていたら
決して、戦いは起こらない!




世の中老若男女全て
そんな職業の人であれ、
みな「相手の為」だけを
考えて生きていく人生を
みんなで創っていきたいと
私は思っています。





∞愛 織日女





 

「動物から学ぶ」

小林正観さんの残された言葉に
こんなものがあります。



「学び」

聖者は「天の道」に学び
賢者は「地の理」に学び
知者は「古き人」に学ぶ
「学ぶ者」は「学ばぬ者」に学び
「学ばぬ者」は「学ぶ者」に学ばず




何年経っても、この言葉は更に
深く入ってきます。




そんな中、とっても可愛いアングルで
私の大好きな猫ちゃん達が
私たちにメッセージを届けてくれています。
(別に猫から学ぶのではないのですが^^)



http://karapaia.livedoor.biz/archives/52173150.html



そしてもう一つ
イルカさんたちのリスクはあれども
メリットも大きい餌の取り方の方法^^



http://karapaia.livedoor.biz/archives/52173051.html




チームコラボそのものですね^0^///





∞愛 織日女

 

「ゴルゴ松本・漢字を使って命の授業」

漢字には出来た経緯に意味がある。
先日、TVで中学生対象少年院において
ゴルゴ松本さんが、漢字を使って
「命の授業」というものの放映があった。




少年院の子どもたちは(約30名位)
最初からとても素直な感じで、
話をよく聞いていた様子が映っていたが、
途中から明らかな変化があった。




それは、殆どの子どもたちが
(彼らは、親を知らない子もいれば
愛というものを知らない子たちもいるとの事)
ノートに、話を聴きながら、
書き始めた事だった。




例えばどういう事を言っていたのか?
例として、挙げると、
「皆は、困難、苦難、災難が
起きたと思っているかもしれない。
では難が在るとどういう字に成るか?
有るという字だ。
有と難で何と読む?
そう、有難い、となるね〜」




とこういう調子で命の授業は進んでいったのだが
難が有る事は、実は有難い事なんだ。
有難い、という意味を感じて
そのままに難を受け止める事から」




「そして難が起きると、
口から暴言をはいたりするよね。
吐く、という字は
口編に、プラスとマイナスと書く。
どちらもあるのだ。
それをだんだん、マイナスを止めて
プラスだけにしていく事。




そうすると、どういう字になるかな?
そうプラスだけになると、
口編にプラスと書いて
叶うとなる^0^///」




とこういう感じで、命の授業は進んで行っていた。
素晴らしいと思わず見入ってしまいました^^
私も、以前から感じの意味が気になっていたのですが、
例えば皆様ご存じの「氣」という感じ。




ここに、元をつけたら「元氣」
全ては「氣」が元となっている^^
ここがニュートラル!
つまり元氣は当たり前なのだ。




そして「病氣」という字は
氣が病に掛かるから「病氣」の意味となる。
邪気、殺気、なども同じ事が言えますね。



ゴルゴ松本さんは、漢字を通して
全てプラス思考にその意味を置き換えて
自分の伝えたいことを
叶えていらっしゃったと感じています。
若者たちにとっては、
心に残る授業となったと思います。
全ては、その意味の取り方!
ニュートラルに「受け止めたら」
全ては、その奥の真意がつかめてくるのでは
ないでしょうか^0^///




今朝見たアオサギ


∞愛の絆と共に 織日女


 

「行事全て廃止!?」

今回の韓国沈没船に関して韓国政府の対応の悪さ、
エリートパニック(首脳者が国民のパニックを恐れて
自分たちがパニックとなり、事実を隠す行為)など
様々な事が言われています。



何より、私もまだ不明者の方達の「奇跡」を
信じ続けていますし、亡くなった方たちの
ご冥福をお祈りいたします。


そんな中、韓国政府は、
今後小中高の修学旅行を全て取りやめにする、
そんなバカな政策を打ち出そうとしています。



「修学旅行」本来の目的も忘れ、
一つの事件があったから、全て
「なし」にするという事は、これからこの件に関しては
危険は起こらない、という身勝手な発想そのものですね。
これが続くと、韓国から「想像」「笑い」がなくなりますね。。。



修学旅行に行かれた方たちが多いと思いますが、
一生の思い出となっている人は多いのでは
ないかと私は思っています。
(様々な意味はあるでしょうが)



私の子どもたちが通った小学校は
そしてその学校に入れた目的の一つに
低学年には「遊び」「散歩」の時間が
ある事でした。息子が2年生の時
遊びの時間に教室で
宿題をやっていたらしいのですが、
先生に叱られたそうです^^
「遊びの時間は遊べ!!!」
(遊ぶことから学ぶ)



また、木が沢山ある学校ですが、
(クラス名は全て樹木名)
子どもたちは何度も木から落ちて
(木登り禁止ではないの^^)
たまに救急車も来ますが、いまだに
「木登り禁止」ではありません。



何と素敵な学校なのか、と
私は思っていますし、子供たちも
その環境にいた事を、感謝しています。
体験してこそ学べる!
*都会の学校ですので、地方の自然の中とは
違う事を考慮していただければと思います^^




しかしもしかしたら、救急車では
間に合わなくてもしかしたら
最悪の事態もあるかもしれなのです。
それでも禁止にしないのは、
全ては「責任」に関するものだと思います。



人は、何かあった時、その事実を受け止められなくて
「誰かのせい」「何かのせい」にする事で
自分を保とうとします。



今回も韓国政府が修学旅行を止める、
すべての修学旅行という行事を止める、方向に
行こうとしているのは、そこです。
自分たちで責任を取りたくないだけなのです。



もちろん、政府の責任は主には
「その対応」ですが
今回は、その一番大事な危機状態時対応すら
できていない事が今回暴露されただけではなく、
今後の子どもたちの夢すら
取り上げようとしているのです。
情けないし、許しがたい行為だと思います。



皆、何があっても
本来は全て、気付こうが気付くまいが
「自分自身」が選択しているのです。
生まれてくるときもそうなのです。
それは一言でいうと「責任」です。




皆、必要だから、本体の自分(=魂)が
親まで選択して生まれてきているのが
私たち自身なのです。
それを持って生きる事を「責任意識」と言います。



今の韓国政府はもう長くないかな〜・・・






∞永遠のゼロ 織日女






 

<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
           

categories

recent comment

  • 「必死即生(ピルサチュクセン)」
    織日女
  • 「必死即生(ピルサチュクセン)」
  • 「根源へのアセンション2〜お茶会〜」
    織日女
  • 「根源へのアセンション2〜お茶会〜」
    山崎、埼玉県
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    織日女
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    織日女
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    あまと
  • 「うどんキャラメル」
    織日女
  • 「うどんキャラメル」
    天戸
  • 「自然児に成ろう!」
    織日女
NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
          

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

           

profile