愛はみんなの中にあるもの



あなたにも、そして私にも



愛は互いのプレゼント



織日女が、今日も愛を見つけます^0^/




このブログはNMCAA本部公式ポータルです。


「東京大神宮」

 久しぶりに東京大神宮で参拝してきました^^
境内に入るなり、昨年も見た、秋期大祭の為の
稲穂が、とても懐かしい香リと共に、
私を迎えてくれました。

クリックで挿入
(写真が小さいですが、雰囲気で^^)


そして、相変わらず一般的には
「縁結びの神」としても知られているので
(初めて神前結婚式が行われた)
境内には若い女性たちで賑わっていました。

クリックで挿入


参拝後、ミストの下でしばしの
瞑想をして、センタリングとグランデイングを
行えました。

クリックで挿入

そこに座ると同時に、風もないのに、
風鈴がチリンチリンと♪
目を開けると、目の前に飛び込んできたのが
金色の屋根!

クリックで挿入

やはり天照皇太神のおられる神社では
包み込まれる愛をしっかりと感じ、
しかし、今回は、これまでの少し違う
静かなというより神聖なエネルギーを
感じた今日の東京大神宮でした。


∞愛と感謝を込めて
織日女


「神事ツアー」

 今日はNMCAA織日女校の神事ツアーでした^^


どんなツアーかというと、都内の神社に行き、
昇殿参拝をして、その間参加の皆様にも
神主さまから各自に玉串奉納の義を
教えて頂きながらの参拝でした。


住宅街の中にある神社でしたが、参拝者は結構多く
わが事の様に、うれしくなりました^^


ここの神主さまは、ご夫婦で神職さんで
いらっしゃるのですが、
奥様の方は、日本で初めてのの
女性神主様でいらっしゃいます。
ご高齢ではありますが、お願いした事に対して
とても丁寧に教えてくださり、
感謝の気持で一杯になりました。


その後、近くのとある都内の渓谷に行き、
都会のど真ん中にこんな憩いの場所、
自然がある場所があったのか!?と
いう場所に皆といきましたが、蚊が少々
多かったのは残念(これも自然^^)でしたが、
古墳時代から奈良時代まであったといわれる
横穴古墳なども見学したり、と本当に
久しぶりにゆったりした気持ちよい時間を
過ごす事が出来ました。



こうして「自然に親しむ」事自体が
出来るようで中々思い立たなければ出来ない事
でもあるのかもしれませんが、
企画者としては、下調べも含めて
それぞれのエネルギーが変化している事自体
素晴らしい!!!とただ嬉しい気持ちで
一杯でもありました。



大切な事は常に私たち「人=日戸」では
ありますが、都度、場所からの素晴らしい
エネルギーを頂く事そのものも、
ただただ感謝の気持しか無い位
嬉しいものでもありました。^^−



ハプニングで、もっと面白い事も多々あったのですが、
それも、一重に、各自のハートが開いており、
だからこそのハプニングでも
あったのだと思います^0^/


私たちは「英知」を知る事もとても大事では
ありますが、それ以上に、まずは
心を開き、ハートを中今白金にし(繊細なエネルギー)
自分の中の愛だけにフォーカスする事が
いかに大事なのか、
という事にも繋がった神事ツアーだった気がしています。



頭ではない、エネルギーを感じる訓練にも
なった1日となりました。
全ての皆さまに心から感謝いたします^0^///


∞Love&Light織日女


「靖国神社」

 昨日中に書いていた記事が
投稿していないまま
どこかに行ってしまいました・・
という事で夜中になって書き直しです^^


昨日は「靖国神社」に参拝してきました。
実は私は始めての参拝でした。
前の靖国通りなど何度も通っていたのに、です。
あの都心の中に、そこは別世界でした!!!


とても神聖な「自然と光と太陽」が共に
もうキラキラと光り輝いていたのです^0^//
その中にいたらもう何もおかしい(面白い)ものなど
何もないのに、ついつい顔が勝手にほころんで
笑っているのです^^


それは根源の太陽と
繋がっているというエネルギー!
ワクワク、そしてウルウルのエネルギー!


靖国といえば、毎年政治家などが
参拝するとかしないとか、
やたらイメージが良くない方向でしか
知られていない事が多いと思いますが、
本当に素晴らしいエネルギーでした。


元々、明治天皇は創建の理念として
世の平安を願い国歌の為に
一命を捧げられた人々の霊を慰め
その事績を後世に伝える事にある、とあります。


また同じく明治天皇が命名された
「靖国」という社号は
「国を靖(安)んずる」という意味で
祖国を平安にする」「平和な国家を建設する
という願いが込められています。


実際にご祭神は軍人だけでなく、
国を護るために尊い生命を捧げられた246万6000柱の
神霊が、男女の区別なくお祀りされています。


明治維新のさきがけとなった坂本竜馬、吉田松陰などの
幕末の志士から、従軍看護婦や学徒動員の女学生、
また日本人として亡くなられた台湾、朝鮮半島出身者、
シベリア抑留中に亡くなられた軍人、戦犯者など
区別なく、ひとえに国の為に命を落とされた方たちが
祀られているのです。


詳細になるときっと今でも毎年外人の方たちの遺族、
外国から何故戦犯者を讃えるのか、とありますが、
どの国においても、祖国の為に命を落とされた方たちを
後世の私達が、判断する事なく参拝してその御霊を
お慰めするのは私は当たり前の事と思っています



どの国の方も同じです。
そして国の為に戦争などが今後は一切ない世界を
望んでいる私です。戦争など絶対に
やってはいけない事と思っています。


その為にはやはり「愛」=「統合」の世界、
その集合意識が必要ですね^^
今日の参拝後、白い鳩が飛んでいるのを見ました。



白い鳩は1万羽に1羽生まれるのだそうです。
キラキラの真っ青な空に
真っ白い鳩の姿は「平和」そのものでした。


∞Love織日女


「自然の不思議」

 ネットで時々面白い、不思議な雲が
投稿されますが、久しぶりに面白い雲の
動画を見ました^^


これは面白いというより・・・、
こんな雲を見たらやっぱり驚きですね!

1.米国に出現したこの世の終わりのような雲

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/
official/others/p574cd8eadb12c00c09cb5fb56e1bd0c1



2.神が降臨したかのような人面形の雲


http://www.youtube.com/watch?v=gdg6WU_aqWE


3.利尻島での雲

http://doga.nhk.or.jp/doga/viewvideo.jspx?Movie=48411824%2F48411824peevee327962.flv


これらも、実際に遭遇したらどうなのか?
どう感じるのかは、皆その人の心のままなのだと思います。

ただただ日々、純粋、ピュアになっていきましょう^−^


∞愛と光 織日女

「金環日食」



これは、我が家から今朝奇跡的に撮れた金環日食の写真です^^/
朝、7:44の事です。
6時ごろ起きた時には、何と小雨が降っていました。


しかし絶対に観る事が出来る!と信じていたので
空を見ていると、明るい所もあるのです。希望を胸に
隣の方たちも見上げている空を
私と主人も見ていました。


そして取れた数枚の中の一つです。
付けていたTVではこれが映っていました^^


明日オープンのスカイツリーだと思います。
これも素晴しいですね^ー^


そして私が何よりこの金環日食が嬉しかったのは、
この広い日本の各地で、今日は大勢の人たちが
太陽を観てた!という事!


コメンテーターの一人などは、初めて太陽を観た、と
言っている人もいました。そしてご近所さんと初めて挨拶を
交わしながら、みんなが「一つ」になっている!
そんな感覚でした。


そして今日はふたご座の新月でもあります。
太陽と月のパワーがそれぞれの意味がありますが、
しっかり種蒔きをする時でもあるのです。
今外に出たら見事真っ暗^^


朝も曇りとはいえ、太陽が欠けて真っ暗^^
夜も月が隠れ真っ暗^^
そして明日から、真の夜明けが始まります


今日1日の素晴しいエネルギーを私は
これからもずっと覚えているのだと思います。
皆様は如何でしたか?


∞愛と光
織日女


「寒川神社」

 


寒川神社のご本殿です。


昨日友人達と、相模一宮である寒川神社に行ってました。
一言でいうと、「古代」の厳粛なイメージがしっかり残っている神社。
そしてここ寒川神社は
夏至にはO山、当時はF山、春分・秋分にはH根
(それぞれ場所宛クイズです^^)に日が沈む様になっています。


マチュピチュなどもそうですが、
ここ日本でもしっかり古代からの「この場所」に建立した
その意図は素晴しいものですね。


何があっても揺るがない感じの中で、
しかしその感じるエネルギーはとても柔かく
とても神聖なものでした。


奥に「神嶽山神苑」という庭園があるのですが、
ここには神聖なる泉「難波の小池」があります。


万物の根源である「水」が涌き出ていました
(写真撮影禁止なので、撮れませんでしたが)
その前に立つと、全く他とは違う凛とした
それでいてまろやかなエネルギーでした。


寒川とは「清い泉の涌く所」の意味で、
寒川の神は「水を司る神」とも言われており、
そしてこの「難波の小池」は古代より、
ご祭神のご鎮座に所縁する最も神聖なる場所
されている事は、この場にいけば分る!でした。


光が物質化されたものが水ですが、
昨日1日は、本当にキラキラした光の中で過ごす事が出来た
素敵な1日となりました。

余韻が今でも残っています。


緑と赤ががとても鮮やかで対照的に美しさを補っていました。

∞愛と光
織日女


「宗像三女神」

  先日私は九州の「宗像大社」と「太宰府天満宮」
に参拝してきました。

幼い頃よりご縁のあった、この両社にて、
私は芯から懐かしさを覚え、しばし両社内にて
立ちすくんでいました。


大宰府天満宮はご存知、菅原道真公がご祭神で、
京都の北野天満宮と並び総社となっています。
この大宰府天満宮の本殿は、菅公のご霊廟があります。


「東風吹かば〜」で有名な「飛び梅」が今年は
既に散った後でしたが、古の彼方からの
そのエネルギーが何とも柔らかな、優しいものでした。


そして宗像大社ですが、こちらのご祭神は、
「宗像三女神」です。
記紀では、三女神が違う場所のご祭神に
なっていたりしますが、面白いのは、

宗像三女神とは、イキ姫+タケ姫+タリ姫
=イキタケタリ姫=イキ長垂姫の1神である
と日本書記には書かれています。


また、宗像三女神は、「道主貴」と別名が付いています。
道主貴の「貴」とは、「神の最高の位」という意味です。
神の最高の位とは「倭王」です。
倭王とは「倭女王」ですね。


つまり、宗像三女神とは、神の御子=神の巫女
神の巫女とは、和国邪馬台国女王と言うことです。
初代倭国女王だったのです。


三女神の名前「イキタケタキリ姫」=「息長垂姫」
=「神宮皇后」となります^^!


宗像三女神は倭女王であったという事。
神宮皇后はその末裔に当たるという事ですね。


これらは仮設ではありますが、何となくですが実際に
証明されている卑弥呼と神宮皇后を考えても、
この説は真実のような気がしています。


この宗像三女神から神宮皇后、応神天皇に繋がり
それが中今、私自身にとてもご縁がある場所が
とても多い事に、我ながら興味がでているのです。


調べれば調べるほど、色んな説はありますが、
ワクワク、楽しく古代が学べます*^0^*///


∞Love&Light
織日女


「氏神様」

  私の氏神さまは「八幡神」です。
生まれた所の産土神さまも「八幡神」でした。
ご祭神は「応神天皇」です。


幼い頃、両祖父母の所に遊びに行くたびに行っていた神社は
やはり「八幡様」でした^^


もう一つは「天満宮」です。
やっと八幡神ではない!ご祭神は「菅原道真」です。


今日はずっと色んな場所を地図上で行ったり来たり
していました^^

私の生まれた所、両親の系統、現在の場所・・・

そして氏神、鎮守神、産土神(=産土)など
古代は、というか、もともとそれぞれの意味は違うのですが、

日本民族は、統一祖神に繋がる同胞なので、
時の流れと共に、

その土地々々に祭られている神を「鎮守神」であると共に、
自分たちを育てておられる「産土神」でもあり、
祖先にも繋がる「氏神様」でもあると、
受け止められるようになっています。


ご祭神を色々調べていると、そのエピソードも
色々出てきて、次回近くの氏神さま(鎮守様)
に参拝する時の更なる興味が
違ってきました。


調べる事、探求する事、本当に
面白い作業だと今日1日
じっくり感じた日となりました*^0^*///


∞Love&Light 織日女


<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
           

categories

recent comment

  • 「必死即生(ピルサチュクセン)」
    織日女
  • 「必死即生(ピルサチュクセン)」
  • 「根源へのアセンション2〜お茶会〜」
    織日女
  • 「根源へのアセンション2〜お茶会〜」
    山崎、埼玉県
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    織日女
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    織日女
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    あまと
  • 「うどんキャラメル」
    織日女
  • 「うどんキャラメル」
    天戸
  • 「自然児に成ろう!」
    織日女
NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
          

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

           

profile