愛はみんなの中にあるもの



あなたにも、そして私にも



愛は互いのプレゼント



織日女が、今日も愛を見つけます^0^/




このブログはNMCAA本部公式ポータルです。


「今日は旧端午の日」

 今日6月24日は「旧・端午の日」です。
旧暦5月5日ですね^−^

端午の習慣は、3世紀、中国で始まったと
されていますが、その意味は
「邪気を祓い、健康を祈願する日」となっています。


端午といえば、「兜(かぶと)」ですね^−^
そして兜と言えば
神宮皇后を思い出します。


神風を吹かせ、日本を勝利に導いた皇后です。
その御子である応神天皇は
戦いの為に神宮皇后のお腹に15ヶ月いたと
言われています。
そのせいか、応神天皇は、確かとても長生きをされ、
一度も病気に喪ならず、お元気だったと言われています。


今日の「旧・端午の日」から思うまま
そしてこれらの事をふまえながら
今日1日も過ごしたいと思っています。


∞愛と光 織日女


「こどもの日」

 今日は「子どもの日」
又「端午の節句」でもあります。

「こどもの日」とは
 「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかると共に
母に感謝する日」として1948年に定められました。

また「端午の節句」とは、5月5日に男の子の
健やかな成長を祝い、祈る日本の風習で、菖蒲を飾ったり、
菖蒲湯に入ったりする事から「菖蒲の節句」とも
言われているそうです。


日本には中国から伝わってきたそうですが、
古代中国では物忌みの月とされる5月に蘭の湯に浸かったり
菖蒲酒を飲んだりしたそうです。


この二つが合体した様な現代の5月5日ですが、
「兜と男の子」が象徴ですね。
兜は、諸々のものから頭部を守る為の護身具です。


私はやはり「兜」と聴くと「神宮皇后」を思い出します。
私が生まれた福岡県は神宮皇后関係の神社が
沢山あり、幼い頃何度も行っていた事を思い出します。


今日はあっさりと表面だけのご紹介になりましたが
こどもの日に「母に感謝する日」とは驚きですね。


まさに、今日は私たちの「母」に感謝する日です^^
生み育ててくれ、見守ってくれている「母」有難う!!!
母あってこそ、子どもがいるのです。


私たちも「子ども」に還り、
「純粋、ピュア」な気持でこれからも歩んでいきましょう^0^/


∞愛と光 織日女


「集合意識」

 先日の「3.11」や「お正月(元旦)」そして「クリスマス」などは私たちにとって素晴しい日です^^

それは、日本中のみならず、世界中の人たちが「今年が良い年であります様に」とか

「キリストのお誕生を祝う慶びの日」、そして「3.11」も世界中の人たちがこの東北(関東も)

の方たちの為に、「絆」「希望」などの言葉と共に、エールを贈って下さっています。



 この良い波動が「集合意識」となります。そしてそれらがもっと毎瞬になると、今起きている

哀しい出来事などはなくなってきますね。私たちが、「自分くらい」などと卑下したり、「関係ない」、

と思うのは大きな間違い^0^/


 
  私達、一人ひとりが「ポジティブなエネルギー」にフォーカスして、それを日々ハートに感じていた

ら、それが「集合意識」をなって、素晴しい「真に自分が望む環境・地球」になって行きます。



 これが私たちの「エネルギー」です。エネルギーだから一瞬で変える事が出来ます

私達が「素直な心(ニュートラル)」で「愛」を発神する事が出来たら、その「集合意識」が拡大

していったら・・・・・!!!



 「想像した事が創造される」つまり、私たちは「自分で現実を創っている」のです。

ではどんな現実を創りたいでしょうか?私は「平和でな世界」「人が認め合う愛に溢れた世界」

「国境がない世界」「子供も大人も笑顔で過ごしている世界」「緑溢れた世界」
沢山あります

*^0^*///  皆で「愛」を発神していきましょう!!!


       ∞LoveLight 織日女


「愛のひな祭り」

 今日は3月3日、ひな祭りです^^「桃の節句」とも言われ、古来から厄を人形に移して祓った「流し雛」の風習に見られるように、雛人形を飾り、女の子の健やかな成長や幸せを願っていました。 


 面白いのは、しろ酒」「草もち」「ひし餅」などに現れる3色の「色」です。雪の大地(白)木々の芽吹き(青=緑)生命(桃)を表しているといわれています。この3色のお菓子を頂く事で、自然のエネルギーを授かって、健やかに成長できるという意味があります。


 これらを考えながら、先ほど我が家でも「ちらし寿司」や「蛤のお吸い物」を作りました^0^/// 古来から伝えられているものの意味を考えながら作るのは、同じ作るにも楽しさ、ワクワクが違ってきます。


 その根底には常に「親が子を想う気持」が流れれいます。父が、そして(特に)母が、子を想う気持ち・・・それは何をもにも変えられない、ただ純粋な、全てを包み込む「愛」なのです。そしてその子の「健やかな成長」を誰よりも願っています。


 私たち子供はこの「親(母)」に対して、命を生み出してくれた母に対して、感謝の気持とそして母の気持と1日も速く同じになる事、それが必要なのだと思います。それは、「全てを包み込む愛」、そして「いたましく想う気持」ではないでしょうか。


 今日の「ひな祭り」から「母への愛」とは?を再度考えた織日女でした^0^/

                          ∞母の愛 織日女

<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
           

categories

recent comment

  • 「火事場の馬鹿力」
    真己
  • 「元気であればなんでも出来る」
    織日女
  • 「見ようとしなければ、何も見えない」
    織日女
  • 「見ようとしなければ、何も見えない」
    真己
  • 「元気であればなんでも出来る」
    真己
  • 「必死即生(ピルサチュクセン)」
    織日女
  • 「必死即生(ピルサチュクセン)」
  • 「根源へのアセンション2〜お茶会〜」
    織日女
  • 「根源へのアセンション2〜お茶会〜」
    山崎、埼玉県
  • 「空中にパンが飛んできた♫」
    織日女
NMCAA          アセンション・アカデミー本部  必読図書
          

クリスタル・プロジェクト (-)
クリスタル・プロジェクト (-) (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

愛の使者
愛の使者 (JUGEMレビュー »)
アセンションファシリテーターAi

links

           

profile